刈谷市体育協会 市民スポーツの普及振興と青少年の健全育成を目指して

体育協会のご紹介

刈谷市体育協会会則→

(名称)
第1条 この会の名称は刈谷市体育協会(以下「本会」という。)と称する。
(事務所)
第2条 本会の事務所は、刈谷市教育委員会事務局内に置く。
(組織)
第3条 本会は、刈谷市内の各種目別競技連盟、中小学校体育連盟及び高等学校体育連盟をもって組織する。
(目的)
第4条 本会は、刈谷市における体育・スポーツ団体を統括し、スポーツの普及と振興を図り、もって市民の健全な心身の発達に寄与することを目的とする。
(事業)
第5条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
  • (1)市民の体育向上に関する調査研究
  • (2)体育団体の強化発展と連絡融合
  • (3)体育大会、講習会等の実施
  • (4)体育施設の充実改善についての指導及び助言
  • (5)その他本会の目的達成に必要な事業
(加盟及び脱会)
第6条 本会に加盟を希望する団体は、加盟申請書を会長に提出し、理事会の承認を得なければならない。
本会を脱会するときは、脱会申請書を会長に提出し、理事会の承認を得なければならない。
(役員)
第7条 本会には、次の役員を置く。
会長1人副会長若干人
理事長1人副理事長若干人
理事若干人評議員若干人
監事2人幹事若干人
(役員の選出)
第8条 役員の選出は、次のとおりとする。
  • (1)会長は、加盟団体、関係機関、学識経験者の中から、評議員会において選出する。
  • (2)副会長は、加盟団体、関係機関、学識経験者の中から、会長が推薦し、評議員会の同意を得る。
  • (3)理事長及び副理事長は、理事会で互選し、会長が委嘱する。
  • (4)理事は、評議員会で互選し、会長が委嘱する。
  • (5)監事は、理事会で推薦し、会長が委嘱する。
  • (6)評議員は、各加盟団体から選出された者とする。
  • (7)幹事は、理事会で推薦し、会長が委嘱する。
  • (8)名誉会長は、本会に功労のあった者を理事会の推薦により会長が委嘱する。
  • (9)顧問及び参与は、会長が理事会に諮り委嘱する。
(役員の任務)
第9条 役員の任務は、次のとおりとする。
  • (1)会長は、本会を代表し、会務を総理する。
  • (2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。
  • (3)名誉会長は、必要に応じて本会の会務に参画する。
  • (4)顧問は、会長の諮問に応じる。
  • (5)参与は、必要に応じて本会の会務に参画する。
  • (6)理事長は、会長の命を受けて会務を執行する。
  • (7)副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故があるとき、又は理事長が欠けたときは、その職務を代理する。
  • (8)理事は理事会を組織し、評議員会から委任された事項を審議、執行する。
  • (9)評議員は、評議員会を組織し、本会の予算、決算、その他重要な事項を審議決定する。
  • (10)監事は、財務を監査する。
  • (11)幹事は、本会の事務を処理する。
(役員の任期)
第10条 役員の任期は、2年とし、再任を妨げない。ただし、役員が欠けた場合における補欠役員の任期は前任者の残任期間とする。
役員は、その任期満了後でも後任者が就任するまでは、なおその職務を行う。
(専門委員会)
第11条 本会の事業を遂行するため、必要があるときは専門委員会を置くことができる。
委員会の委員は、会長が委嘱する。
(経費)
第12条 本会の経費は、次に揚げるものによって支弁する。
  • (1)会費
  • (2)委託金
  • (3)補助金及び交付金
  • (4)寄付金
  • (5)その他の収入
(会計年度)
第13条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
(予算及び決算)
第14条 本会の予算及び決算は、評議員会の議決を得なければならない。この場合において、決算については事前に監査を経なければならない。
(会則の改正)
第15条 この会則は、評議員の2分の1以上の出席によりその3分の2以上の同意により改正することができる。
(事務局)
第16条 本会の事務所に事務局を置き、本会の事務を総括するため、事務局に事務局長を置く。
事務局長は、幹事の中から会長が委嘱する。
(その他)
第17条 この会則の施工について必要な事項は、理事会の決議を経て会長が別に定める。
附則
(昭和34年7月3日施工)
(昭和51年5月27日一部改正)
(平成2年4月9日一部改正)
(平成7年3月23日一部改正)
(平成10年4月13日一部改正)